イベント型パーティー

このページでは、お見合いパーティーの種類のひとつ・イベント型について調べています。

お見合いパーティーの種類のひとつ・イベント型とは?

婚活に積極的な人から人気のお見合いパーティーには、いくつかの種類があります。
以下に「イベント型」の特徴を見ていきましょう。

特徴
  • ペアやグループで料理を作って楽しむ「料理合コン」や、スポーツを楽しむ「スポーツ合コン」など、さまざまな趣旨に則って婚活を行う、企画色の強いパーティー。
  • カップリング制度などは特に設けられていない場合が多く、連絡先の交換などは随時行える。
参加人数例
  • パーティーの趣旨により異なる。
  • 少人数(~男女各8名)~中人数(~男女各15名)程度が一般的。
メリット
  • イベント感覚で気軽に参加できる。
  • 共同作業を行うことで、異性と交流しやすくなる。
  • 婚活色が強くないため、連絡先なども交換しやすい。
デメリット
  • 婚活パーティに比べ、費用が若干高めの場合がある。
  • 婚活パーティに比べ、本気度はやや劣る。
こんな人におすすめ
  • 婚活初心者
  • 同じ趣味を持つ相手を探したい人
  • 婚活のガツガツした雰囲気が苦手な人

おすすめのイベント型お見合いパーティー情報

パーティー名 ラーメン婚活
主催者 ハピライズ株式会社
概要 大手結婚相談所・サンマリエとラーメンデータバンクが共同主催するユニークなパーティー。ラーメンを中心とした料理の数々を味わい、好きなラーメンを語らいながら、親睦を深められる。
参加費用
  • 男性…1000円
  • 女性…1000円
参加資格 真面目に結婚相手を探している20歳以上の独身男女で、ラーメンが好きな人。
口コミ
  • 参加者のラーメンへのこだわりはさまざまで、それほど興味があるわけではないという人から、実際にラーメン店を経営している人まで参加していました。高級中華料理店で3種類のラーメンを食べられて、大盛り上りでした(女性)
  • テーブルごとの移動だったので、飲み会ノリで盛り上がりやすかったです。最後のカップルタイムでも、かなりの数のカップルが誕生しましたよ(女性)
パーティー名 運動会コン
主催者 株式会社IBJ
概要 婚活パーティーを多数主催する「PARTY☆PARTY」がプロデュース。ムカデ競争や綱引きなどの共同作業から、恋人探し競争まで「恋する仕掛け」が満載のプログラムが楽しめる。年1回程度開催されている。
参加費用
  • 男性…約5000円
  • 女性…約4000円
参加資格
  • 男性…20~37歳
  • 女性…20~34歳
口コミ
  • 他のパーティーと違いイベントと絡めてあるので、面白そうだと思い参加しました。なつかしい運動会種目を男女入り乱れて行えたので、すごく楽しかった。良い出会いもありました♪(女性)
  • 綱引きが楽しかった!結構出会えるし、話せますね。友人にも奨めようと思います(男性)
パーティー名 涙婚
主催者 ハピライズ株式会社
概要 大手結婚相談所・サンマリエが主催するパーティーで「感動の涙を一緒に流すパートナー探し」がコンセプト。感動映画やライブ鑑賞の後、心理学カウンセラーの進行のもとで「参加者の泣きのツボ」を語り合う時間、「価値観を共有できる人を交際希望カードに記入」する時間が設けられている。
参加費用 1000~2000円(男女同額)
参加資格 20~49歳の独身男女
口コミ
  • すばらしいイベントでした。泣きのポイントが同じ人と出会えたので、次につなげていきたいです(男性)
  • 泣いてスッキリしました。映画にもライブにもすごく感動しました(女性)